2010年12月14日

高速道路のフォント、ヒラギノ書体へ

高速道路の標識で使われているフォント、実は徐々に変わってきている。
http://bit.ly/eVpwqh
下の標識をご覧いただこう(朝日新聞comより引用)
font-koudan_hiragino.png

僕にとっては、今更新聞記事になったの…って感じだが、先日開通した東九州道門川〜日向間では、全ての標識でヒラギノが採用されている。

7月発注分から、NEXCO3社では、ヒラギノ書体が採用されている。但し、国交省管理区間(新直轄など)、JB本四高速は、この限りではない。実際、新直轄方式が採用された尾道道は、NEXCO西日本で採用されていた、デカ文字(公団ゴシック)が採用された。
JB本四高速は、情報が今のところない。

なおこのヒラギノだが、既に首都高で採用されている。
chukan_soto15.jpg

これ以降、標識が交換されるときは、公団ゴシックではなく、ヒラギノが使われていることを、気にしてみてはいかが。
yokoyoko-kd34.jpg
posted by さっしー2 at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 道路 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/173340962
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。