2010年04月29日

想像道路のルート構想-南西自動車道8

地図の表示は、今回が最後です。そう、現在開通済の沖縄道許田ICにいよいよ達します!

まず、沖縄本島に入るまでの地図をご覧ください。
南西自動車道7沖永良部島〜辺戸岬.png

沖永良部島には2つ町があるのでそれぞれICを設けます。喜美留SAは和泊町に設け、沖永良部南PA(人工島)は海ほたるPAのような形状をすることになります。
与論IC/PAは与論島のICとPAです。ICとPAを両方利用することは出来ません。
与論島と沖縄本島の間は、ハイサイ大橋で繋ぎます。
辺戸岬ICは国道58号の端点付近に設置。辺戸岬SAはICの少し南に設置します。

続いて、許田ICまでをご覧下さい。
南西自動車道8 許田ICまで.png

国頭ICは国道58号と接続、大宜味東ICは大宜味村と東村の境界付近に設置されるためこのような名前になります。
真喜屋PAが名護市に設置されます。やがて、名護ICへ。そして、沖縄道許田ICとなります。許田ICは、Y型ICに改良し、現在使用中の料金所はそのまま使用します。
許田IC以降は、現在の沖縄道と同じになりますので載せません。IC番号とキロポストは変更し、IC番号は続番とし、キロポストもそのまま続けます。しかし、沖縄島内は、沖縄ICからのキロポストも設置されます(現在のキロポストはこれです)。

次回からは、ICやJCT、休憩施設の標識を掲載していきます。
ラベル:南西自動車道
posted by さっしー2 at 09:40| Comment(0) | ルート構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。