2010年04月28日

想像道路のルート構想-南西自動車道7

今回は、奄美大島〜徳之島を特集します。
徳之島は、今、普天間基地移設問題で揺れていますが、実は長寿の島だそうです。のどかな島ということでしょう。そんな島も、南西自動車道の通過点になります。

まず、地図をご覧ください。
南西自動車道6 奄美大島〜徳之島.png
奄美大島には、6ヶ所もICがあります。笠利SA、奄美大島PAが設置されます。
なお、国道58号は通過しない宇検村を通過します。これは、南西道と国道58号で、相互補完の役割を果たすからです。
奄美諸島の加計呂麻島、請島、与路島にもICを設ける。奄美大島〜加計呂麻島は、航路を渡るため、鶴見つばさ橋のような高い橋を作ります。与路島ICはこの道路唯一のT型ICである。与路島の西側に人工島を作り、PAを設けます。そこから徳之島までトンネルです。
トンネルを出てすぐに金見崎SAです。徳之島内は、各町に1つずつICを設置し、伊仙ICにはPAを併設します。

次回は、沖永良部島〜与論島を特集します。与論島の次は、いよいよ沖縄本島に突入します!
posted by さっしー2 at 18:22| Comment(0) | ルート構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。