2010年04月30日

ATOS(東京圏輸送管理システム)について

今日、帰りの電車が遅れた。それは、横須賀線東戸塚〜保土ヶ谷間で車両点検をした電車があったのが原因だ。

そこで、逗子駅でATOS(東京圏輸送管理システム)の出発時機表示器を見てみると、こんな表示がしてあった。
SBSH0017.JPG

SBSH0018.JPG
「遅発」はそのまんま「遅れて発車」という意味だと思うが(実際は、運転間隔を調整するために通常より遅く発車させる時に表示されるそうです)、「1730」は一発では分からないと思う。この「1730」とは「17分30秒に発車する」とういうことのようだ。最初は17時30分に発車するということかと思ったけど、この電車は17分に逗子を発車するとアナウンスがあったのでおかしいな〜と思ったら帰って調べたら分秒のことのようだ。
この機械、トンネルに突っ込む田浦駅ではトンネル内の地面付近に設置してある。

他には、発車標で遅延時分を表示することも出来たりする。
これは、昨年11月に撮影した写真↓
091106_080719.jpg

JR東日本が導入しているATOS、利点もあるが当然欠点もあるようだ。

詳しくは、こちらをクリック
Wikipedia
JR東日本のサイト
ATOS, The Future
posted by さっしー2 at 20:07| Comment(0) | 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

自転車の旅-2010年4月3回目

今日は、逗子へ…

と思ったら、小雨が降ってきたので、逗子へ行くのは諦めました。以前、大雨でびしょぬれになったことがあったので、ここでの判断は正しかったはず。

20100429-1.jpg
急遽変更して、吉倉踏切へ

20100429-2.jpg
横須賀行が通過した。

20100429-3.jpg
吉倉踏切から田の浦トンネルを臨む

20100429-4.jpg
新逸見隧道。これは昭和19年に出来たトンネル。よここくナビでは、平成19年になっているが、これは間違い。

結局短くなってしまった。
posted by さっしー2 at 12:07| Comment(0) | 自転車の旅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

想像道路のルート構想-南西自動車道8

地図の表示は、今回が最後です。そう、現在開通済の沖縄道許田ICにいよいよ達します!

まず、沖縄本島に入るまでの地図をご覧ください。
南西自動車道7沖永良部島〜辺戸岬.png

沖永良部島には2つ町があるのでそれぞれICを設けます。喜美留SAは和泊町に設け、沖永良部南PA(人工島)は海ほたるPAのような形状をすることになります。
与論IC/PAは与論島のICとPAです。ICとPAを両方利用することは出来ません。
与論島と沖縄本島の間は、ハイサイ大橋で繋ぎます。
辺戸岬ICは国道58号の端点付近に設置。辺戸岬SAはICの少し南に設置します。

続いて、許田ICまでをご覧下さい。
南西自動車道8 許田ICまで.png

国頭ICは国道58号と接続、大宜味東ICは大宜味村と東村の境界付近に設置されるためこのような名前になります。
真喜屋PAが名護市に設置されます。やがて、名護ICへ。そして、沖縄道許田ICとなります。許田ICは、Y型ICに改良し、現在使用中の料金所はそのまま使用します。
許田IC以降は、現在の沖縄道と同じになりますので載せません。IC番号とキロポストは変更し、IC番号は続番とし、キロポストもそのまま続けます。しかし、沖縄島内は、沖縄ICからのキロポストも設置されます(現在のキロポストはこれです)。

次回からは、ICやJCT、休憩施設の標識を掲載していきます。
posted by さっしー2 at 09:40| Comment(0) | ルート構想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。